最新のインクジェット情報まとめ

インクジェット印刷の見積もりで見るべきポイント

インクジェット印刷の見積もりで見るべきポイント 印刷方式にはレーザータイプや熱転写タイプ、インクジェットタイプなどがありますが、インクジェットはより低価格で様々な用途に使用できるというメリットがあります。
インクジェットタイプが可能なものとしては、用紙はもちろんのことシールやステッカー、Tシャツなど幅広いです。
印刷するものが、用紙などの場合は自社においてのプリンターによる印刷で品質に問題ありませんが、用紙以外の商品を扱う場合には専門の業者に注文することで安定した品質に仕上がります。
また、その印刷業者もたくさんあることから、数社に見積もりを頼むことでより安く早く仕上げることができます。
その中でも、見積もりを取った段階で見るべきポイントとしては、まず発注してからの納期を確認することで、仕上がりの時間が使用する時までに間に合うかどうかを比較することができます。
次に安く仕上げるために、単価と割引率を確認した最終的な値段を比較することが安くするコツです。
特に割引率は、業者により枚数や曜日で変わる場合があるので、状況によって印刷業者を使い分けることで安くできます。

インクジェット印刷の一般的な価格

インクジェット印刷の一般的な価格 インクジェット印刷の価格を考える場合、レーザープリンターと比較すれば理解しやすくなります。
レーザープリンターと比べてインクジェット印刷は長い時間をかけて印刷しますが、コスト面のポイントとして本体価格が安い点や消費電力を少なく抑えられる点があります。
但し、印刷枚数が多くなればコスト効率が悪くなります。
コスト効率の悪化などを勘案したとき、一般的な価格はレーザープリンターに要する費用よりも少し高くなると考えて良いでしょう。
注意しなければならない点としては、ランニングコストがあります。
インクジェット印刷もレーザープリンターも、企業が導入した後はランニングコストという要素に着目する必要があります。
維持するための必需品にトナーやインクなどを挙げることができ、これらの交換費用を合算すれば年間で数百万円を費やしている企業があり、大企業になれば年間で数千万円を費やすケースも確認されています。
これらの莫大な費用は多くの経営者の頭を悩ませているため、お得に導入できるセットプランもあります。
このセットプランを導入すれば、トナーやインクのコストを大幅に削減することが可能になります。