毎年の年賀状はインクジェット印刷で

毎年の年賀状はインクジェット印刷で

毎年の年賀状はインクジェット印刷で 年末の12月は師走とも言われており「師が走る」だから忙しさを表しているという俗説もありますが、正確にはわかってないそうです。しかし12月は忘年会シーズンでもありますし、クリスマスもあれば仕事納めや年末大掃除もあり、新年を静かに迎えるために色々忙しくなることは確かです。その中の一つに年賀状作成もあります。毎年これが大変という人も居られると思います。

既に図柄が印刷されている年賀状を使い、表の宛名と、裏に言葉を手書きでしているという人や、図柄も含めて全部手書きでと言う人も居られるでしょう。しかし交友関係が広がって枚数が多くなってくると大変になってきます。そういう時にはパソコンを活用して作ると忙しい師走でも早く出来ます。パソコンの画像ソフトで図柄を作って、それを年賀状作成ソフトに取り入れて、住所を入力すれば、後はインクジェットプリンタで表と裏を印刷だけです。

年賀はがきには従来からあった無地で普通紙のタイプやインクジェット対応のタイプ、それにインクジェット写真用のタイプがあります。後者2つは、裏面にインクジェット印刷に適したコーティングをしていて綺麗に印刷できます。後は印刷した図柄の横に手書きで何か言葉を書き添えれば完了です。デザインを考えることや手書きで言葉を添えること以外は流れ作業になるので忙しい師走には、パソコンとプリンタを使って作るのが適しています。

インクジェット印刷用はがきと通常のはがきの違い

インクジェット印刷用はがきと通常のはがきの違い はがきにインクジェット印刷する際は、種類に注意が必要です。通常の紙でも問題なく印刷することはできます。ところが、専用はがきに比べるとキレイに出力することができません。理由は印刷した際のインクが紙の上で滲んでしまうからです。インクジェットの場合、インクを吹き付けることでイラストや文字を印刷します。そのインクは乾く前に紙の上でわずかに広がってしまいます。その結果、イラストや文字が鮮明にならないのです。
一方、専用の紙が使われているのがインクジェット用のはがきです。表面には特殊な加工がしてあるため、インクが滲みにくくなっているのが特徴です。専用紙には表面が光沢加工されたものもあります。インクが滲まないので、繊細なイラストを印刷することも可能です。
専用紙を使うときは注意も必要です。インクジェットには向いていますが、レーザープリンターでは使うことができません。使用するプリンターの種類をしっかり見てから、購入する必要があります。