インク代を安くするためのプリンタ選び

インク代を安くするためのプリンタ選び

インク代を安くするためのプリンタ選び プリンターを使用するのであれば、本体の代金のほかにインク代もかかります。
どんなに安いプリンターを購入できたとしても、印刷コストが高くなってしまったら意味がありません。
インクは使い切ったら新しいインクカートリッジを購入しなくてはいけませんが、インクジェットプリンターのインクカートリッジはサイズが小さいため、頻繁に交換する必要があります。
印刷を大量に行う人にとっては、印刷コストをいかにして抑えるかという点が悩みの種になるでしょう。

そこで、インク代を安くするためには、プリンター選びが重要になります。
インクカートリッジの形状には、1色1色がバラバラの独立型と全部の色が一緒になっている一体型の2タイプがあり、一体型の場合には1色が切れてしまったら当然のことながら全交換することになってしまいます。
一方で、独立型なら1色ずつ交換することが可能です。
つまり、インクジェットプリンターを購入するときには、独立型のインクカートリッジに対応した製品を選ぶことで、インク代を安く抑えることができるというわけです。

写真用の用紙にインクジェット印刷をする注意点

写真用の用紙にインクジェット印刷をする注意点 インクジェットプリンターで写真を綺麗に印刷できるように白くツヤツヤした光沢がある用紙を使用するため、手書きでメッセージを加えにくいデメリットがあります。
マジックのインクが伸びたりボールペンなど先の尖ったものでメッセージを書こうとするときれいに書けないケースが考えられます。
写真用に設計されているので普通紙より厚みがあることが多く、プリンターによっては紙詰まりが起きることがあるので、メーカーから販売されているものを使用するのがお勧めです。
また、インクを大量に消費することが考えられるので、安い互換性のものや詰め替え用インクを使用する人を見かけますが、インクが海外製品でプリンターのノズル部分が目詰まりするリスクがあり、純正インクを使用しない場合はメーカー保証がないなど、大きなリスクが伴いますので控えたほうがいいです。
インクジェットプリンターで、レーザープリンター対応の用紙でも代用できるのではないかと考えがちですが故障の原因になります。